puppy(full)にjavaを入れてfirefoxやseamonkeyで有効にする

mkdir /usr/java
cd /usr/java
ここにjre-6u11-linux-i586.binを置く
./jre-6u11-linux-i586.bin
space押してyes!
ln -s jre1.6.0_11 jre

.bashrcに以下を追加
export JAVA_HOME=/usr/java/jre
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/lib/

firefoxでのjavaの設定


ココからfirefoxをダウンロードします。
/optにダウンロードします。(/opt/firefox)
GUIで
/usr/java/jre1.6.0_11/plugin/i386/ns7/libjavaplugin_oji.so
を/opt/firefox/plugins/にドラッグ&ドロップし、Link(相対パス)を選択します。

firefoxを起動
編集→設定→詳細の文字部分をクリック
javaを有効にするにチェック
javaのサイトで確認する

seamonkeyの設定
GUIで
/usr/java/jre1.6.0_11/plugin/i386/ns7/libjavaplugin_oji.so
を/usr/lib/mozilla/plugins/にドラッグ&ドロップし、Link(相対パス)を選択します。

seamonkeyを起動
編集→設定→詳細の文字部分をクリック
javaを有効にするにチェック
javaのサイトで確認する

javaアプリで日本語を表示する
このままでは、yahooゲームなどで日本語表示ができません。以下のようにします。
/usr/java/jre/lib/fonts/にfallbackというディレクトリを作成する。そこに、例えばipag.ttf ipagp.ttf ipagui.ttf ipam.ttf ipamp.ttfをコピーします。
これで、OKです。

Post a comment

Private comment

Comment is pending approval.

Comment is pending administrator's approval.