avrマイコンの開発環境eclipseのプラグインでOK!!

かつてlibusbの調子が悪いなどなんだのでうまくいかなかったのですが、最近やってみるとうまくいきました。環境は、puppylinux + eclipse + avrmkII で問題なくできます。
なんのこっちゃですが、とりあえずwindowsを買わなくても、非力なPCでも、USBしかないパソコンでもできるということをここに報告しておきます。

AVRの開発で役に立つと思われるウェブサイト

eclipseにAVRの開発環境を構築する

avr-gcc.sfsを作る。fullinstallのpuppyにinstallする。mfileもinstallする。

手順1
以下のリンクからdebianpakageをダウンロードする。保存場所は/root/my-documents/avr-gccにする。
binutils-avr
gcc-avr
avr-libc
avrdude
gdb-avr
手順2
全部その場に解凍する。するとavr-gccにetcとusrができる。
手順3
sfs形式にする。
#cd /root/my-documents/avr-gcc
#mksquashfs etc usr avr-gcc.sfs
手順4
sfsファイルをルートに移動する。
#mv avr-gcc.sfs /
#mkdir /mnt/avr-gcc
#mount -o loop /avr-gcc.sfs /mnt/avr-gcc/
#cp -a /mnt/avr-gcc/* /
#umunt /mnt/avr-gcc
手順5
お掃除をする。
#rm -r /root/my-documents/avr-gcc
#rm -r /root/my-documents/*.deb
#rm -r /mnt/avr-gcc
#rm -r /avr-gcc.sfs

sfsを作らない場合、ただ適用したいだけならルートでdebパッケージを展開しても大丈夫(無保証)